1. 省エネ送風機・エコファンならミツヤ送風機株式会社
  2. 採用情報
  3. 社員の声
  4. 柳原 辰範

柳原 辰範

「自分の仕事が形に残る」
だから、この仕事を辞められません。

柳原

入社:2012年
部署:東京営業部産業グループ
出身学部:理工学部

Q.現在の仕事の内容は?

主に自動車用の塗装ブースやゴミ焼却炉といった、産業用送風機を扱うプラントメーカーに対する営業を行なっています。
営業といっても、最初お客様から送られてくる仕様書の内容確認、最適な風機の選定および見積の作成・提出、物件の追いかけと価格交渉、受注後の手配及び納入手続きまで一貫して対応しています。もちろんその過程で、工場側の設計等に協力してもらいます。

Q.仕事の魅力、やりがいは?

「自分の仕事が形に残る」ことです。
現場に行く機会も多く、自分の手配した送風機が縁の下の力持ちとして、いろいろな産業の生産活動に役立っている所を見ると、とても感慨深いものがあります。
特にミツヤの営業は、物件の最初から最後まで関わるので、自分が手配した送風機に対する想いは格別だと思います。
また産業用送風機というのは、なかなか一般人では立ち入れない場所に設置されることが多く、現地に行く際はそのような場所に入れるドキドキ感も私は好きです。

Q.ミツヤの社風、魅力は?

私の感じる社風は「老舗の中小企業」感です。
多くの納入実績で裏打ちされた客先からの信頼があり、営業活動はしやすいです。
何かトラブルに巻き込まれた場合も、部門の垣根を超えて全社的にサポートしてもらえます。
住宅補助に食事補助といった福利厚生は十分量であり、勤務時間も土日祝は当然として、年末年始やお盆といった世間のお休みもしっかりと休みが取れます。有給休暇についても消化率は高いです。
日々の業務も夜7時にはほとんどの人が帰っており、ワークライフバランスがしっかりしていると感じています。
このような「働きやすさ」はミツヤの大きな魅力だと感じています。

Q.印象に残っている仕事は?

気が小さいので、トラブルになった案件ほど印象に残っていることが多いです。
特に産業用送風機は一品一様の特注品であることが多く、大なり小なりのトラブルは避けられません。
その度に眠れぬ夜を過ごしてきたため、どれもが「あそこはあんなトラブルがあったなぁ」と印象に残ります。

Q.休日の過ごし方は?

自分の部屋が「世界で一番リラックスできる場所」なので、仕事が終われば寄り道せずに帰ります。
土日も用事が無ければ、終日外出しないこともよくあります。こうしてリラックスすることで次の日の活力が生まれます。

お問い合わせ・各種ダウンロードはこちらから

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせメールフォーム

技術資料・取扱説明書などダウンロードはこちら

各種資料ダウンロード